caguirofie

哲学いろいろ

普遍神をめぐるメタフュジカとしての散逸構造

oshiete.goo.ne.jp

 

1. ようやく地の上に姿を現わしたヒトは この世界に・そしてそのさらに広い世界に 《ナゾの何ものか》を見つけたと思った。

2. たとえば 空に起きる放電現象。そういった自然の驚異と呼べるモノ・コトをつうじて 何ものかを見たように思う。

 


3. のちに《神鳴り》と呼んだ現象。これによって打たれるとヒトは神隠しに遭ってしまう。また 《稲妻や稲光そして稲つるび》と呼んだように 食糧となるその草に実を成らせてくれる。とも捉えた。



4. つまりこの時点で ヒトにとってものごとの《良し悪し》が捉えられてゆく。あたかも《あしき神〔と呼ぶ作用〕 と よき神〔と呼ぶ作用〕》と。

4-1. すでにナゾの何ものかを《普遍神》と呼ぶとすれば これが属性や要素・要因に分けられ その潜在的なチカラとして――普遍神の分身としてのように――いくつかのチカラの可能性が捉えられた。

5. つまり 初めのナゾの何ものかは そのもの自体に《良し悪し》をふくんでいるのか? と考えた。良し悪しを超えているとも思った。ただし そのときにも 仮りの現象としては 良し悪しを帯びているとも捉えた。そこからヒトは 言葉によって分けたそのどちらか一方をえらび取った。

5-1. 本体(場ないしチカラ)とその具体的なハタラキ(作用)とに分けて 後者では 正負の対称性があらわれるとしたら それらを観念として分離させた。

5-2. こうして 言わば(変な言い方だが)対称性がやぶられたことになる。チカラの要素ごとの性格やその可能性が個々にしぼられてゆく。散逸してゆく。



6. ナゾの何ものかを いろんな可能性の中から カミならカミという言葉で呼ぶことにしたのも 可能性をしぼって対称性をやぶっていったわけだ。対称性を超えるものにたどりついたのだから 逆の順序でである。


7. あるいはつまり 神と呼んだこの何ものかについては じつは果たして 《有る》のか《無い》のか? それがヒトには分からない。両様の言葉で呼んで規定してみたのであり それだけの話になっているのみ。

7-1. だから ヒトによってそれぞれ自由に 《有る神》か《無い神》かどちらか一つをえらんだ。そのようにもあらためて〔あたかも〕対称性を破ってゆく。

7-2. けれどもこの場合は 対称性がやぶられていない。《有る神》と《無い神》とは 普遍神のもとにそのまま おさまっている。

7-3. 有神論と無神論とに分かれると思っているのは 人間の知性による錯覚である。仮象である。対称性はやぶられていない。《有ると無いと》は 普遍神にあって ひとつのツイ(対;ペア)である。





8. かくして 《有る神》派の中では いろんな言語によってさまざまな言葉として呼び名がつけられた。オホモノヌシ。ブラフマン。アミターバ・ブッダ。ヤハヱー。・・・かくして あたかも対称性はやぶれ いわば散逸的な姿を見せるようになっている。

9. 《無い神》派にあっても じつは 言葉にこそ表わされないが 人によってそれぞれその思想(≒生活態度)におうじて――同じ《無い神》と呼んでいても―― 散逸しつつさまざまな姿を成しているだろう。 人格をめぐる《個性そしてその多様性》と言うらしい。

10. はじめの《なにものか》が 爆発を起こし散逸的で多様性なる姿をとり また〔本体と作用とを分けて捉えたのちには 作用の側面においてオシへつまり宗教までを生み出し〕変に複雑に絡み合う或る種の構造を成しているかに見える。人間においてはである。人間によってである。

10-1. この神々の散逸構造は 要らない。まぼろしである。


11. 普遍神は 現実か? それともマボロシだとうたがわれる神々の宗教のほうが 現実か?