caguirofie

哲学いろいろ

ぼく‐ハ 〔注文‐ガ〕 うなぎだ。∽《聖なる甘え》

oshiete.goo.ne.jp

 

1. 次の文例のごとく 日本文のハ格およびガ格のハタラキについての探究です。

( あ) ぼく‐ハ 〔注文‐ガ〕 うなぎだ。

( い ) 象‐ハ 鼻‐ガ 長い。

あるいはさらにこの《 A‐ハ B‐ガ C 。》なる構文の持つ意味について問い求めます。

     

2. 作業仮説です。

2-1. 始原的な自己表出について。

続きを読む

私的言語論 ( ̄~ ̄;) これって個性てな話になるのかな? 私的な感覚って 他人には理解さ・・・

oshiete.goo.ne.jp

わしやけど。。。。さんの設問。

▲ 〔親鸞自然法爾(じねんほうに)章〕 ~~~
自然といふは 
自はおのづからといふ 行者のはからひにあらず 
然といふは しからしむといふことばなり。

からしむといふは行者のはからひにあらず 
如来のちかひにてあるがゆゑに法爾といふ。

 * 爾(に・じ):しかり。そうである。

▼ (道元:現成公案) ~~~~~~~~~~~~
自己を運びて万法を修証するを迷とす。
万法進みて自己を修証するは悟りなり。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

▼(親鸞:有念無念の事) ~~~
(こ) 真実信心の行人は 摂取不捨のゆゑに 正定聚のくらゐに住
す。

(さ) このゆゑに臨終まつことなし 来迎たのむことなし。

(し) 信心のさだまるとき往生またさだまるなり。来迎の儀則をま
たず。
   (末燈抄・一 伊藤博之校註)
~~~~~~

 

 

▽ (『岩波 仏教辞典』1989年版:無住処涅槃) ~~~~
大乗仏教では 《無住処涅槃 むじゅうしょねはん》ということが言
われる。・・・生死の世界にとどまることなく かといって涅槃の世
界にも入らない状態 すなわち生死煩悩の迷いの世界にもさとりの世
界にもとどまらない涅槃のことをいう。
  
〔・・・この〕思想の背景には あらゆる人びとを救うためには 自
らがさとりの境地に入っていては救うことができない といって煩悩
に捉われていても救うことができない 自らはさとりの境地を体験し
つつもその世界にととまらず 悩み多い人びとの住む生死界にあって
活動することこそ菩薩の行である という大乗仏教思想の展開が見ら
れる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~