caguirofie

哲学いろいろ

第四章c

全体のもくじ→序説・にほんご - caguirofie050805

第四章 語の生成(§14−18〜)

§13 一般論として:→2005-09-06 - caguirofie050906
§14 仮説を追求しつつ:

  • §§14−1〜14−17:→2005-09-07 - caguirofie050907
  • §§14−18〜14−42:→本日

14−18 ここで 母音V=要素論述pのほうに焦点を移そう。
14−19 問題は 母音が交替するとき(つまり ha 端/hö 穂/he 辺//または hö・h ï 火 とhä 竃//あるいは hi 日とhä 経などの交替があるとき) それらが互いにどのように分節されているかにある。
14−20 たとえば h ï火は hö火から hö-i > h ïという変化で成り立ったと考えられている。これらの母音/ i / ï / ö /のあいだの相認識あるいは広義の法判断に どのような差異があるのか これを知りたい。
14−21 あるいは he 辺が 仮りに he < hä-i < hä < ha-i という成り立ちだったとすれば ha 端との関係で やはり母音の互いの差異を知りたい。
14−22 上の一例(he 辺 < hä という仮説)が必ずしも適切でないとすれば

  • ma 目 →ma-i > mä 目
  • ta 手 →ta-i > tä 手

の例によって母音/ a / ä/ i /のそれぞれの相認識を――もしそうだとすれば――知りたい。
14−23 なお 日 の場合は 

  • 一日 hitö-hi
  • 二日 hutu-ka
  • 日読ミ kö-yömi(暦)

の如く 子音/ k /と分け合って k-a / h-i / k-ö というふうに母音交替している。
14−24 ここで注目してみなければならないことは 体言に 無格と名格との別があることである。

  • 無格(非独立形):ma 目; ta 手; hö 火・・・
    • ma-he 目‐辺=前;ta-mötö 手元=袂; hö-kuti 火口・hö-nö-hö 火ノ穂=炎
  • 名格(独立形):mä 目;tä 手;hï 火・・・

無格体言は 一般に 例示のごとく 従属形(被覆形とも)でしか用いられないからである。しかるに 名格は そのまま主題体言に用いられうる。

  • 目(め)‐ハ; 手(て)‐ガ; 火(ひ)‐ヲ・・・
  • *(不可):目(ま)-ハ; 手(た)-ガ; 火(ほ)-ヲ・・・

14−25 形態素 CV=t+p にかんして 要素論述 p をになうと仮説する母音の中では / -a /と/ -ö /とが 体言を形成したときにも 独立用法を持たない無格にとどまることが多い。
14−26 形態素二個から成る場合でも 次の語例のように  -ö / -a を末尾とするものは 無格にとどまることが多い。

  • harö- 遥 ; hira- 平 ; hirö- 広 ; hisa- 久
  • hösö- 細 ; huka- 深 ; hitö- 一 ; hita- 直
  • hisö- 密 ; higa- 僻

14−27 逆に すでにそのまま独立用法を持つ名格体言は 母音/ -i /またはそれが含まれる母音/ -ä < -a-i /と/ -ï < -ö-i / だと考えられる。
14−28 ここで 作業仮説としては 体言の末尾母音にかんして 次のごとく考えてみる。

  • 無格: -a および -ö
  • 名格: -i および -ä < -a-i と -ï < -ö-i

14−29 予めながら さらに次のように仮説する。

体言の末尾母音 相認識 体言の内的な格活用
-a 不定 無格(ma 目;ta 手) cf.名格(ha 端;haka 捗)
-ä < -a-i :既定条件相としての派生概念相 名格(mä 目;tä 手)
-i :原形概念相 名格(hi 日・霊;mi 見・霊;ti 道・霊)
-ö- :保留相 無格(hö 火;kö 木;mö 身) cf.名格(hö 穂;yö 世・代)
-ï < -ö-i :そのためとしての派生概念相 名格(h ï 火;k ï 木;m ï 身)
  • 用言の法活用としては 命令法形態の末尾母音/ -e < -i-a /は もし仮説のごとく 命令相=主観の要請の相だとすれば 体言の末尾に来ることは 珍しいと考えられる。
  • 体言がこの末尾母音/ -e /を有する場合は 推定として 条件法活用の母音/ -ä /から -ä > -ä-i > -e のごとく変化して成り立ったと考えている。
  • 語末に添えられると推定される母音/ -i /は 用言の法活用でも 一次Ⅲ概念法であるように その語を概念相として 確定させようとして よく用いられるものと考えられる。 

14−30 すなわち 名格か無格かの相認識のちがいを ここで 体言の内的な格活用とよんでおく。
14−31 仮説における不定相=すなわち初発の格知覚のままでの要素論述pの相(= -a)は 不定としては すでにその存在じたいは一定するので 容易に名格になりうるとも見なければならない。

  • hata 端 ; hara 原 ; hiza 膝 ; höka 外

(註)末尾のほうの -a なる母音のことである。これらは 独立形たりえて 名格である。
14−32 保留相の母音/ -ö /は 法ないし相の判断保留の相ゆえ 主題条件(属格相当)として別の体言に接続しやすいし また その用法でこそ活かされることが多い。

  • kö-suwe > közuwe 木末=梢
  • kö-tama(dama) 木霊・谺
  • 〔用言を形成していく場合の例〕hösö 細→細シ;細リ;細メ

14−33 母音/ -ö /のこの接続(条件づけ)用法というその性格は 用言の法活用では Ⅴ連体法(一次・二次をつうじて)の末尾母音/ -ö- /に現われる。

  • hösörö-mï> hösöru-mï 細ル‐身
  • hösömörö-mä > hösömuru-mä 細ムル‐目

これらゆえにも Ⅴ連体法活用を / -ö- > -u- /としての発生であると仮定している。

14−34 またこの母音/ -ö- /を / オ・ウ /の両方の音に自由に変化しえたと考えるのは 次の例などから類推している。

  • harö 遥=/ ハロ・ハル /
  • hötV- =/ ホト〔-リ(際・辺)〕・フチ(縁・淵)・フタ(蓋)・〔またホカ(外)〕 /
  • hötökörö 懐=/ フトコロ・ホトコロ・フツクロ・フツクロ /
  • önö 己=/ オノ・ウヌ(自‐惚れ)/

14−35 言いかえると この保留相・接続用法の母音/ -ö- /は そのままでは無格にとどまり不安定だとすれば あたかも/ オ・ウ /という発音に分かれることにちなんでのように もはや/ オ /=o そして/ ウ /=u がそれぞれ生じたとも考えられる。
14−36 ただし / オ= o / は たとえば 

  • -ö- → a-ö- > o または -ö-a > o

といった成り立ちが考えられる。不定相( -a )を重ねるなら 安定性(名格への活用として)が増したのではないか。

  • / ウ= u / は  ほとんど/ -ö- /のままで それ(ウの音)へと変化したかも知れない。
  • ta/tä 手(=方向); ti 道 
  • → tö 跡・ト( 引用格)
      • tö-a > to 戸・門・外
      • tö > tu 津(cf. mi-na-to 水ナ門=港 )
      • tö/または to 所・処

14−37 ちなみ(=道並ミ)に印欧語でも 《戸・門・外・処》なる語は 同一の語根から出来ている。
《戸・門》:

  • 〔English〕 door;〔German〕 Tür, Tor;〔Greek〕 θυρα(thura);〔Russian〕 дверь(dver')
  • 〔Latin〕 foris ( 扉 〈>pl. fores 戸〉・門 )
    • →forîs / forâs ( 戸外で=〔Greek〕 θυρασι(thurasi))
    • →〔English〕 foreign( 外国の )
    • →forum ( 広場 )
  • 〔Russian〕 двор ( dvor ・外庭 )

(註) t(d)はラテン語で f に対応している。英語の door などは あたかも日本語で * to-ra (戸‐ラ)と言っているかのようであるが  それは 愛嬌である。
14−38 また 初 hatu < hatö ;昼 hiru < hirö ; 古 huru < hörö といった推定も 可能ではないかと考える。
14−39 あるいは 程 hoto( hodo ) ; 太 huto の場合は はっきり / オ=o /の名格になっているようである。

  • ただし 太 huto は独立していない。

14−40 このように 末尾母音にかんして 無格( -a / -ö )および名格( -i / -ï / -ä / -o )をめぐって 体言の内的な格活用とよぶべき現象があり そこでの母音の変化が――語の生成にかんしても―― 重要な役割を果たしていると思われる。
14−41 この体言の内的な格活用を捉えたところで 引き続き 母音の生成を次章で見てみよう。
14−42 なお 用言のⅤ連体法活用を 細ル身 hösör-ö-mï ;細ムル目 hösömör-ö-mäのように 保留相の母音 -ö- として仮説している。これは 体言の属格活用( -nö- )の母音とも呼応すると思われる。

  • 木ノ葉 kö-nö-ha

属格には この ノ -nö- のほかに ナ -na- ; ロ・ル -rö- ; ツ -tu- < -tö- が見られる。

  • 神ナ霊 kamö-na-hi(bi) ; 水ナ門 mi-na-to
  • 峰ロ霊(大蛇) wo-rö-ti
  • 海ツ霊 wata-tö-mi

ここでも 属格・ツ tu は tu < tö の変化を想定してもよいと思われるし ナ na と ノ nö とは 母音 -a と -ö とが ほとんど同じように無格どうしで つながりがあると考えられる。全くの不都合な事態が現われない限り いまの想定( -ö > -ö / -o/ -u〔文字の上で / オ・ウ /の二種であるが。〕 )を前提としていきたい。