caguirofie

哲学いろいろ

#27

――ボエティウスの時代・第二部――
もくじ→2006-05-04 - caguirofie060504

§3 バルカン放浪 ** ――または 家族論―― (27)

テオドリックのばあい その三角関係ないし 直接契機としての平面二角の種関係は ――その愛欲が いまだ 事実として 複岸性のままであったことは すでに述べたが このことと 両立しえてのように―― その欲するところの相手として 《馬が合わない》つまり《種が異なる》者を求めるような種関係(だから 類関係)であったと ここで 述べることができるように思う。また そのことが かれの 種族共同体の外に対する種関係において かれは 空位期間の中にあったということの意味である
彷徨は 現実に対する超現実の 超現実的つまり幻想共同的な支配への 抵抗または戦いに属している。平たく言えば 馬が合わない異人種に対して 種関係を形成しようとしないような無関心でいることが できなかった。おせっかいであったとも言えるし また これが 能力によって出来ないのであるなら 第二局面つまり自由な問題展開の場つまり現実に ほかならなかったとも 見ることができる。ようだ。
なぜ そうなのか。

続きを読む