caguirofie

哲学いろいろ

文体―第九章 我々のリトルネッロ

全体の目次→2004-12-17 - caguirofie041217
2005-01-02 - caguirofie050102よりのつづきです。)

第九章 わたしたちのリトルネッロ

《リトルネッロ ritornello / ritournelle》というのは オペラなどで 反復(return)される器楽奏をいうのだそうで そういえば この《リトゥルネッロ 〈ソン・メタリック〉の消息》という小品では 音について・音楽について くりかえし 語られている。

《ヘルメスの音楽》の前半部分について

浅田彰氏のこの議論で 前半について おもしろいと思ったことは 二点ある。一点は 人類の歴史のはじめから 説き起こしているということ。《音》として こうであったろうとか また かくかくしかじかに変化・発展したであろうとかいうかたちで 人間とその社会の歴史を捉えている。
《はじめの音》と《ソン・メタリック》の消息が 議論の最後まで・つまり現代にまで 語りつがれるというわけである。
音といいながら あたかもヴィデオテープの映像を見せられているような感じがする。そういうかたちで 人類の歴史の物語りを 簡潔に 見せてもらうことは 単純に ここちよい。おもしろいものだ。――わたしは 意地がわるいから それでも あらを探すのだが 同じくそれでも この面白さに対しては 次の注意を向けておけば 済むであろう。映像・そしてその精神の記憶としての視像 これが なまなましいと そしてそのなまなましさを 説明の準備作業としてではなく 結論的な主張にかかわって提示するとならば そのときには 人に 認識の目標をあたえる。認識の目標としての視像は ほかでもなく めざすべき星となる。光の影たる星が 目標いな目的となる。この注意である。――人は この《ヘルメスの音楽》に触れてはならない。その視像を見つめてはならない。それは 星であり 天国にあがっていないからである。真理そのものではないからである。
おもしろいと思った第二点は この小品の前半では 星たる《音の消息》としての人間の・社会の歴史的な展開 つまり特には経験領域のことがら これに対して じっさい 《逃げて》いない。そして 

続きを読む